解体工事の廃材

廃材を辞書で引いてみるといらなくなった木材、役に立たなくなった木材、不要になった材料、役に立たない材料、建築、食品などと掲載されています。

解体工事に伴って排出される廃材は、建築廃材という言い方になります。

建築廃材の場合、産業廃棄物に分類され、例えばコンクリートの破片、レンガの破片、そのほかの混合物や材木などになります。

解体工事を行えば、その建物を壊すことによって廃材が必ず出ます。

この廃材はたとえ木材であってもその解体工事現場で燃やすなどできません。

産業廃棄物は、マニフェストに記載しどういうルートを通り処分されたか、またリサイクルされたかなどを明確にしておく必要があるのです。

これは法律によって定められています。

小さな解体工事でも、建築廃材がでたらしかるべき産業廃棄物処理場に運搬し適正に処分してもらう必要があるのです。

◆関連サイト…解体工事の窓口

Comments are closed.